スマートフォンで借りたい人の人気キャッシング業者比較
ネットキャッシングの審査に欠かせない必要事項を知っておこう

キャッシングの審査ではここを見られる!

ネットキャッシングの審査では、性別、年齢、住所、職業、勤続年数、他社からの借入額・借入件数、過去の返済歴が見られます。
キャッシング業者によって、どの審査に重点を置くかは変わってきますが、すべての項目がチェックされるのは間違いありません。

キャッシングの審査に通りやすくするには、候補となるキャッシング業者の「申込欄」を確認しましょう。
ここに記入する審査必須情報は、すべて審査に関係すると思って間違いありません。

「携帯電話番号の有無」「入社年月」「利用目的」など、いっけん審査とは関係ないと思われる項目もありますが、すべて審査対象となります。
空欄が多くなると審査に通りにくくなるので、審査を受ける前に必要な情報は集めておきましょう。

分からない点は、電話で確認して記入したいものです。
「年収が200~300万円の範囲内」など、あいまいで正確には分からないときなど、業者側が「300万円と記入してもよいです」などと指示をくれることもあります。
この場合は、実際の収入よりも少し多く記入しても問題はありません。

キャッシングの審査では嘘はバレる!

キャッシングの審査のための記入欄には、嘘は書かないようにしましょう。
他社からの借入金額や利用件数を記入するとき、嘘を書いてしまう人もいるのですが、業者は簡単に見破ることができます。
顧客情報は、信用情報として信用情報機関に登録されるためです。

嘘がバレてしまうと、確実に審査は不利になります。
嘘を付いて申し込むよりは、少しくらい不利な条件だとしても、本当のことを記入したほうがいいのです。

同様に、ローンの滞納などもすべてお見通しになります。
他社のローンの返済のためにキャッシングを利用する場合は、滞納状況を業者に伝えておきましょう。

審査はむやみに受けないこと!

キャッシングの審査は、むやみに受けるのは避けましょう。
確かに、複数の業者の審査を受けておけば、1社目の審査で落とされても、2社目、3社目の審査はスムーズになります。

しかし、審査状況も信用情報機関に登録されることを忘れてはいけません!
短期間に審査が集中すると、業者側は「借り逃げ」のリスクを懸念するのです。
その結果、審査が通常よりも厳しくなり、なかなか通らなくなってしまうのです。

審査にパスするコツは、審査と審査の期間を空けることにあります。
信用情報機関によって審査履歴が残る期間は違いますが、長いところでは1年くらいも残ってしまうのです。
1~2社で審査を受けたあとは、最低でも3か月は期間を開けてから新たな業者で審査をするようにしましょう。

QLOOKアクセス解析